ウェアラブルフード

ウェアラブルフード(Wearable Food)は、
パフリングが抱っこされた状態でも餌を食べられるように製作されました。

この餌をお使いになれば、パフリングを抱っこしながら旅行できるようになります。
この餌は抱っこされたパフリング専用で、インワールドにRezされたパフリングには利用できません。



使用方法

ウェアラブルフードは、アバターのどの場所でも装着できます。

餌の残量は、720 servingsと数字で表示されます。
1羽あたり、1時間で1つずつ消費されます。

ウェアラブルフードを装着してクリックすると、餌の設定メニューが開きます。
餌を設定しているときは、パフリングに給餌されません。

Menu - Wearable Food
Owner 餌の持ち主が所有しているパフリングだけが餌を食べられます
Group 餌に設定したグループと同じグループのパフリングだけが餌を食べられます
(餌の持ち主とパフリングの飼い主が同じアバターであっても、それぞれに設定したグループが異なると、パフリングは餌を食べられません)
Anyone 誰のパフリングであっても、餌を食べられます
Notify On どのパフリングが餌を食べたかを餌の持ち主に通知します
Notify Off どのパフリングが餌を食べたかを餌の持ち主に通知しません
Text On 餌のホバーテキストを表示します
Text Off 餌のホバーテキストを消します
Close メニューを閉じます


注意事項


Nutritionレベル

パフリングとウェアラブルフードを装着する前に、
パフリングのNutritionレベルがウェアラブルフードのレベルと一致することを確認してください。

抱っこされたパフリングをクリックした場合、アニメーション選択のメニューしか開きませんので、Nutritionレベルの変更はできません。

餌とレンジ

抱っこされたパフリングは、ホームとレンジの設定を無視して、
パーミッションで許された100m以内のウェアラブルフードを食べることができます。

例えば、もしあなたのウェアラブルフードをAnyoneに設定していると、100m以内のあらゆる人に抱っこされたパフリングもあなたの餌を食べられることになります。

抱っこをやめてインワールドにRezすると、抱っこされる以前のレンジ設定が適用されます。

ログアウトする前に

パフリングを抱っこしたままログアウトした場合、
パフリングはインベントリにいるのと同じ状態になりますので、餌を食べることが出来ません。

ログアウトするときは、
パフリングをインワールドにRezしてホームの位置近くに適切な餌を与えてください。

  • 最終更新:2011-12-21 02:25:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード